青梅市のボディケア&アロマトリートメントサロンで至福のリラクゼーションを【女性限定・完全個室】

あまり意識はしていなかったですが
今日は、平成最後の日

 

あまりに今日はどのTV局も
まるで大晦日のように大騒ぎなので
私も何か残しておこうかと
書き始めました。

 

 

平成元年の当時は、いまや幻となっているバブル時代で、
携帯電話はまさに平野ノラさんのネタであるどでかい肩掛け式だったそうです。

 

それからたった30年のここまでの変化を
誰が想像できたでしょうか。

 

進歩の加速度が速すぎてコワいくらいです。

 

 

しかしどの時代の発明や進歩も
人々の暮らしをガラっと変えてきたけれど

 

人間の本質は、ほとんど変わっていくて

 

人間にとって大切なことも変わることはないのではと感じます。

 

 

これからAIに人間の仕事がとって替わられてしまうのではないか
という不安も聞かれますが

 

AIもあくまで道具の進化に過ぎず

 

道具が進化することによって

これまでは届かなかった新しいステージへ

人々が進むことができます。

 

 

これまで超えられなかった壁を

超えられるかもしれない。

 

 

 

進化した道具をどう使うか

 

良い方へも、悪い方へも

どちらにも使えますが

 

人体には、入ってきた異物を排除したり、自己治癒力が備わっているように

世の中全体がいくら悪なる方向へ傾いてきたとしても

どこかできちんと、善なる方向へ戻っていく自浄作用みたいなものが

人間や世の中には備わっている気がするんです。

 

 

人生100年時代。

令和の時代は、昭和と平成の常識を

どれだけ覆していくのでしょうか。

 

 

もっと自由に

もっと自分らしく

 

 

心地よい未来を

創っていけますように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA