青梅市のボディケア&アロマトリートメントサロンで至福のリラクゼーションを【女性限定・完全個室】

新型コロナウィルスの拡大を防ぐために、
『家にいること(菌をもらわない/拡げない)』
『手洗い・消毒(菌を身体に取り込まない)』

そして、この2つと同じくらい大切なのが
『免疫力をあげておく(菌に負けない身体を保つ)』ことではないでしょうか。

もしコロナウィルスに遭遇してしまったとしても、自分自身が重症化しないように免疫力をあげておくことは”医療崩壊”を防ぎます。

今回は、「免疫とアロマ」についてお伝えいたします。
 

免疫力を上げるアロマ

アロマ精油たちの中には”免疫賦活作用”と呼ばれる、免疫力をあげる作用を認められている精油があります。

免疫賦活作用のある精油
A:ティーツリー・フランキンセンス・ニアウリ・パルマローザ・パチュリ・マートル・ラヴェンツァラ・レモン・ユーカリラディアータ・ローズウッド・ミルラ
B:オレガノ・クローブ・ベチバ―

この中でB群の精油は、香りも刺激が強かったり、扱い方にも注意が必要ですので、慣れていない方はA群の精油から選んだ方が無難です。

前回ご紹介した抗ウィルス作用にすぐれた精油と同じメンバーが並んでいて、室内浄化と免疫UPのダブルメリットがありますので、この時期ぜひ活用してみてください。

芳香浴でもいいですし、キャリアオイルで1%濃度に薄めて、胸腺や脇の下などリンパ腺が集まっているところに塗布するのもおススメです。

~やばいかも!?(悪寒/のどの痛み/体が痛い等)と感じたとき~
風邪のひきはじめの、我が家の鉄板対処法をご紹介します。
紅茶を濃ゆーく淹れてうがいをし、入浴して体を温めて免疫系アロマオイルを胸や脇のリンパへ塗り、最後にストレッチをして全身の血流をよくしてから就寝。睡眠時の自己治癒力が最大限に上がるので、大抵次の日の朝には、スッキリ回復しています。
 

アロマと免疫に関する研究例

上記の精油以外にもラベンダーの自律神経調整作用、ベルガモットの精神安定作用などの免疫に関連した効用について、研究した例があります。

≪ベルガモット精油の香りで免疫力がアップする可能性≫

国立スポーツ科学センターの研究員、枝伸彦氏他が行った実験では、ベルガモット精油を30分間嗅ぐことで、唾液中の分泌型免疫グロブリンA(からだを細菌やウイルスなどから守る、体内の抗体の一種)の分泌速度が有意に増加するとともに、コルチゾール(ストレスを受けたときに増加するホルモン)濃度が低下することが確認された。
(公益社団法人 日本アロマ環境協会が研究助成を行った学術論文より)

https://www.aromakankyo.or.jp/pdf/news/1193/191025_Bergamot2.pdf
 

≪ラベンダー精油を使用したトリートメントが免疫機能に与える影響≫

高齢者48名に①ラベンダー精油でトリートメント②精油なしでトリートメント③トリートメント実施なしの3グループに分け、3ヶ月間NK細胞活性値、脳波(α波)などを測定。(トリートメントは週1回45分)

NK細胞はウイルスなどに感染した細胞や、腫瘍細胞などを排除する働きがあるといわれており、免疫力に関与している。ラベンダー精油を使用したトリートメントを継続的に行うことで、NK細胞活性値が上昇することが確認された。
(論文「『香り』を媒介としたケアによるストレス軽減と免疫賦活効果の検討」/伊藤あづさ(日本味と匂学会誌,Vol.9 No.3,P.619-622,2002年12月)
https://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/new/vol18.php

 

免疫力と”心地良さ”

もう一つ、免疫について重要なことがあります。

それは、『自分にとって心地よいか』
これが実はすべてに影響します。

なぜかというと、免疫システムは”自律神経”に支配されているからです。

自律神経は”交感神経””副交感神経”があり、どちらかが多ければ良いというわけではなく、一日の中でバランスが取れていることが大事です。

精油はそれぞれどちらかを優位にさせる働きがあります。

ローズマリーやレモンなどシャープな香りは「よっしゃやるぞ!」という意欲をかきたて”交感神経”ゾーンに、ラベンダーやオレンジなど安らかな香りは、思わずぽわ~としてしまうようなリラックス状態の”副交感神経”ゾーンに誘導します。

現代のストレス社会では、戦闘モードの”交感神経”が優位なことが多くみられ、うまくリラックスできないという方へ”副交感神経”ゾーンへ導くアロマテラピーが一般的ですが、逆に「なんだかやる気が出ない…」といった無気力モードに陥るときは、フレッシュでシャープな“交感神経”ゾーンへ押し上げる精油が有効です。

そのとき「この匂い、嫌だな」と感じてしまうと、ただストレスホルモン「コルチゾール」を増加させるだけになってしまいます。必ず「心地よい」と感じる精油を選びましょう。不思議と好きだなと感じる精油の芳香成分こそ、自分の不調に必要なものだったりするのです。人間にとって嗅覚は、わずかに残っている本能が働く器官なのです。

「ストレス」というのは、私たちが想像するよりもはるかに身体に悪影響を及ぼします。

長引く不安や、いつもと違う環境・生活リズムが「見えないストレス」につながります。ストレスはダイレクトに免疫システムにダメージを与えるため、わたしたちは今、意識して免疫力をあげることを心がけていくことが必要です。
 

免疫力(自己治癒力)をあげる

適度な運動、ストレッチ、太陽の光を浴びること、笑うこと、スキンシップ…そしてアロマテラピーもその1つ。

「心地よい」と感じることを、今は積極的に行動してみましょう。

安静にしていれば、80%は自己治癒していくという新型コロナウィルス。

数の限られた専用ベッドや呼吸器は、持病をもっている方や高齢の方が罹患して重症化してしまったときのために空けておきたいものです。

そして周りの大事な方を守るために、3つの密を避けて、ソーシャルディスタンスを。

※アロマは日本では医療として認められておらず、民間療法という位置づけです。自己の判断にてご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA